賃貸市場には様々なタイプの物件が並んでいますが、あまりに数が多いためどう言ったタイプの家を選んだらいいのか迷ってしまいませんか?しかし、あらかじめ色々な事を整理しておけば自分に合った物件がスムーズに見つかります。

集合住宅の場合

集合住宅は賃貸物件の大部分を占めます。そのため、不動産会社の店舗やオンライン上の検索サイトで探すとなると数が多すぎて大変ではないでしょうか?そんな中で物件を絞り切るために必要な情報をお伝えしたいと思います。

集合住宅の種類

一口に「集合住宅」と言っても、その中には様々な種類があります。その中で大半を占めているのがマンションとアパートになります。両社のはっきりとした違いや区別する方法はないものの、基本的には木造または軽…

集合住宅に住む事のメリット

戸建て住宅には独特の良さがありますが、同様に集合住宅にも戸建て住宅にはない良さがあります。一番大きいと言われるのが防犯性で、戸建て住宅というものは窓の数が集合住宅と比べて明確に多いため、毎度の戸締…

集合住宅に住む事のデメリット

集合住宅と戸建て住宅の一番大きな違いと言われるのが、1枚の壁を見ず知らずの人と共有するという事です。そして鉄筋コンクリート造で壁が厚い住宅に住んでいるような場合を除き、居住中は音漏れに最新の注意を…

札幌の賃貸相場は地域による

札幌の賃貸物件相場は、一定ではなく地域に酔て大きく異なります。つまり郊外エリアであれば家賃が安い優良物件を見つける事も可能です。

戸建て住宅の場合

賃貸相場には、決して数は多くないものの全国各地に戸建て住宅が存在します。そして、昔から高い人気を誇ってきました。数が少ない上に注目度が高いため市場に出回るとすぐに契約が成立してしまう戸建て住宅選びに必要な情報をお届けします。

戸建て住宅に向いた人

戸建て住宅のメリット

戸建て住宅のデメリット

防犯性が高いとは言えない

自由度の高さなどが売りと言われる戸建て住宅にもいくつかの居住デメリット・弱点があります。例えば、24時間セキュリティーシステムがあらかじめ導入されているマンションに住んだ場合は、安心して家を留守にする事ができますし落ち着いて室内で過ごせます。また、外出時にセキュリティーシステムのスイッチをONにし忘れたとしてもオートロック・防犯カメラなどが付いていれば特に問題ありません。一方、戸建て住宅は基本的に24時間セキュリティーシステムがついていないため、旅行などで家を空ける際には心配がつきまといます。買い物などちょっとした外出をする際でも、人目につかない窓や勝手口から不審者に侵入されないか心配が絶えない中で生活する事になるのはデメリットと言えるでしょう。

その他のデメリットについて

平屋もしくは2階建ての戸建て住宅は、賃貸市場の中でどの地域においても希少性が高い傾向です。もともとの居住者が退去して新たに募集をかければすぐに入居希望者が現れる状態のため、安めの家賃設定をする必要が一切ありません。そのため、同じくらいの広さであってもアパートやマンションといった集合住宅よりも少し家賃が高めの傾向で、戸建て住宅に住むと毎月の固定費が上昇してしまいます。 またマンションと違って戸建て住宅には常駐または定期的に物件を訪れる管理人がつきません。そのため、どんなに忙しいとしても草が枯れる冬場を除いて春から秋にかけては定期的に除草作業などを自分で行う必要があります。その他、自治会加入を求められるほかゴミ捨て場の当番が回ってきたら定期的に掃除をしに行く必要がある事などもデメリットと言えるかもしれません。

© Copyright Real Estate Rental. All Rights Reserved.