戸建て住宅に向いた人

音に気を遣うのが嫌な人

古くから集合住宅ではなく戸建て住宅に住む事に向いていると言われてきたのが、音に関する問題を一切気にしたくないというタイプの人達です。遮音性の高さを売りにしているような高級マンションを除き、木造・軽量鉄骨造のアパートにおいては騒音問題がご近所トラブルに発展する事がよく起こります。 作りが簡易的なアパートは、隣との壁がブロック塀と薄い板のみで出来ていたりするため隣の部屋の生活音がほとんど聞こえてきてしまいます。テレビやオーディオの音はもちろんの事、咳やくしゃみをする音・携帯電話の着信音まで聞こえてきてしまう傾向で、逆に言うと自分の室内で発生する生活音も漏れます。つまり、居住中は様々な事に気を遣いながら生活をする事を求められるため、そういったストレスフルな毎日が嫌な人は戸建て住宅のほうが向いています。

バルコニー問題や近所付き合い

音漏れ問題以外にも集合住宅に居住していると様々な制約があります。例えばバルコニーで家庭菜園をする事は不可能ではありませんが、プランターで作れるものには限りがあるほか、土はDIY店などで買って来なくてはなりません。しかし、庭付きの戸建て住宅を借りて住む場合であれば大量の土を自己資金で購入する必要がないほか1m以上根を張るような根菜まで作れてしまいます。また、奥行きの狭いバルコニーでは実現不可能なバーベキューなども心置きなくできますので、自由度の高い生活をおくりたい人にも向いていると言えます。

その他、集合住宅においては周囲の人達との毎日の挨拶や近所付き合いもある程度必要になりますが、そういった事を面倒と感じる人向きとも言えるでしょう。

© Copyright Real Estate Rental. All Rights Reserved.